SHODA HITOSHI

記事一覧(69)

ビューティーアドバイザーQ&A(vol.03)

日々女性の肌悩みと真剣に向き合っているビューティアドバイザーに寄せられた、スキンケアアイテムや肌悩みに関する質問とその答えをご紹介。 アイテムごとの疑問にQ&A方式でお答えします。スキマ時間にぜひご一読ください。今回のテーマは「ネスノバランスベール」です。保湿対策には化粧水はもちろんのこと、水分補給のあとのフタをするケアも大切です。Q1.つけるタイミングはいつがベストでしょうか?A1.化粧水がはじかれるくらいまで重ねづけをしたあとに真珠1粒分くらいを出して、さっと塗り伸ばします。ゲルは分子の大きさが小さいので、同じ大きさのお水を長時間とどめておくことができます。留まっているその間に、バランスの整ったお肌を作り、1~2週間後には『乾燥に負けないお肌』が出来てきますよ。
 Q2.テクスチャーはどんな感じですか?A2.オイルフリー処方なのでベタつきません。オイルフリーだと保湿力が心配な方もいらっしゃるかもしれませんがネスノバランスベールはしっとりが長時間持続するんです。お店でおすすめした際には試しにこのままお買い物を楽しんで頂いて、もう帰ろうかなって時に腕を触ると「まだ潤ってる!?」とビックリされて、戻って来られる方もいらっしゃるくらいです笑。                    今回はここまで、 ビューティアドバイザーの入店情報は ブログメニューの入店情報でチェックしてくださいね。

モデレートお客様相談室 その2

こんにちは。こちらは日々お客様からお問い合わせをいただく、様々なご質問に答えていくコーナーです。不定期更新になりますが、

商品、肌のことからちょっとした疑問まで・・・気になったことはすぐに解決!をモットーに化粧品開発責任者の茂田正和とともにお答えします。第2回目は「ネスノバランスセラム」に関連する質問と回答をご紹介します。Q1.ネスノバランスセラムはアルコールフリーと書かれていますが、「ペンチレングリコール」はアルコールの1種ではないのでしょうか?A1.アルコールフリーのアルコールは一般的に「エタノール」のことを指しています。エタノールは刺激を感じることが多く、保湿力はありません。(逆に清涼感を感じさせます)ペンチレングリコール(1,2ペンタンジオールとも言います)は多価アルコールの1種で保湿剤として配合しています。グリセリン、プロパンジオールも多価アルコールの1種で同じように保湿剤として配合しています。エタノールは一価アルコールで細胞間脂質を溶かすため、肌が乾燥してしまいます。ペンチレングリコールは溶かさないため、乾燥させません。Q2.洗顔後に化粧水をつける際に、あまり浸透せずにみずみずしいまま残ります。水で洗い流したあとのままといった感じです。これでよいのでしょうか?それとも洗い方が不十分でしょうか。パッティングしたほうがよいでしょうか?A2.化粧水ですが、肌の乾燥状態によっては、重ねづけが必要のない場合も考えられますので、基本的には染み込まなくなるまでの重ねづけがおすすめとなっております。肌の状態は季節や生活習慣によって、常に変化していきますので、肌のコンディションに合わせたケアを行いましょう。

モデレートお客様相談室 その1

こんにちは。こちらは日々お客様からお問い合わせをいただく、様々なご質問に答えていくコーナーです。不定期更新になりますが、商品、肌のことからちょっとした疑問まで・・・気になったことはすぐに解決!をモットーに化粧品開発責任者の茂田正和とともにお答えします。今回は日焼け止めに関連する質問と回答をご紹介します。Q1.ネスノの日焼け止めは基本石けんで落とせるとのことですが、他社製品の製品で同じく石けんで落とせるというものは、ネスノの洗顔石けんでも落とせるのでしょうか?A1.私たちの考え方では石けんで落とせますと記載のある製品については当社の石けんでも落とすことができるとの認識ですが、メーカーによって基準が異なる場合もございますので、その点に留意していただければと思います。製品への考え方はメーカーそれぞれ異なる部分もあるので、まずはパッチテストや手の甲での落ちやすさなど自分の肌に合うか事前のチェックが大切です。Q2.ネスノバランスディフェンスの伸びの悪さが気になります。A2.バランスディフェンスについてはオイルフリーのため、若干伸びの悪さを感じる方もいらっしゃいます。その場合には日焼け止めを塗る前に、化粧水などで肌の水分補給をしてから塗っていただくことをおすすめします。肌へのやさしさを第一に考えると、どうしても両立できない部分があります。ネスノのこだわりについては先日のブログ記事も参照ください。

化粧品開発ストーリーVol.01「ネスノバランスディフェンス」

みなさま こんにちは。化粧品開発には物語あり!ということで、このコーナーではみなさまに愛用していただいている各アイテムの誕生ストーリーについてご紹介。日東電化工業ヘルスケア事業部化粧品開発責任者の「茂田正和(しげたまさかず)」にインタビュー形式で各アイテムの開発秘話について話を伺いました。記念すべき第1回目はこれからの紫外線シーズンに欠かせない「ネスノバランスディフェンス」の誕生ストーリーです。質問1.製品を開発したきっかけは何ですか? みなさまもご存知かと思いますが、紫外線はしみやシワといった肌の老化現象を引き起こすだけでなく、さらには皮膚がんの原因にもなります。日常的なケアとして、紫外線対策はしたほうがよいけれど、配合されている成分によっては、別の負担を肌に与えてしまうリスクが多いのも事実です。 「紫外線によるダメージ」と「日焼け止めの肌への負担」のどちらを取るか、天秤にかけたところでなかなか答えは出ないと思います。ここ30年で紫外線が18%程度増えたと言われ、日焼け止めが必須のものとなる中で、わたしの家族に安心して使わせられる日焼け止めを探したところ、どれも一長一短で満足できるものがなかったことも開発するきっかけとなりました。紫外線吸収剤、界面活性剤、シリコンやオイル…。毎日使うものとして、使用感を最優先に考えてしまうと、欠かせないとされている成分ですが、ネスノとしては肌へのやさしさを最優先に考えたい。どうにか負担を少なくして、紫外線から守ることができないか。そのバランスを考え続けてたどりついた答えが、この「バランスディフェンス UV」です。 質問2.こだわりポイントは何ですか? ポイントは2つ「紫外線吸収剤を使わないこと」と「コーティングされた安全な成分を使用すること」日焼け止めの経皮吸収を促進させる恐れのある界面活性剤やオイル、シリコン、そして肌の負担となる紫外線吸収剤を一切使わず、紫外線を反射させる「紫外線散乱剤」のみを使用しています。さらにその中でも、肌を酸化させないように表面がコーティングされた安全なものを厳選して使い、あとは保湿剤と品質を保つ成分を少しだけ配合しました。肌を守ることをとことん妥協せずにこだわった日焼け止めです。洗顔によるダメージを最小限に抑えることも考え、石けんのみで洗い流せる処方にしました。質問3.どんな方に使ってもらいたいですか?紫外線は気になるけど、肌の負担にならないか心配で日焼け止めを使うかどうか迷ってしまう。そんなもどかしい気持ちをお持ちの方にぜひ使っていただきたいです。また、生後6ヶ月以降のお子さまから使っていただけるので、家族みんなで共有していただけます。 みなさまいかがでしたか?印象に残るのは「わたしの家族に安心して使わせられる日焼け止めを探したところ、どれも一長一短で満足できるものがなかった」という点、ネスノブランドはもともと交通事故をきっかけに今まで使っていた化粧品が合わなくなってしまった母のために茂田がつくったブランドです。自分の家族に安心して使わせられるか・・・まずそこを考える信念はネスノブランドの各アイテムにも引き継がれています。

イベントレポート〜アミング高崎飯塚店〜

イベントレポート〜アミング上中居店〜

ビューティーアドバイザーQ&A(vol.02)

日々女性の肌悩みと真剣に向き合っているビューティアドバイザーに寄せられた、スキンケアアイテムや肌悩みに関する質問とその答えをご紹介。アイテムごとの疑問にQ&A方式でお答えします。スキマ時間にぜひご一読ください。 今回のテーマは「ネスノバランスセラム」です。これからの紫外線シーズンには日焼けあとのケアとしても使えるシンプル処方の化粧水です。Q1.敏感肌なのですが使用しても大丈夫ですか?A1.この成分が合わないなど、相性が悪いものに関しては、避けていただき、わからない場合はなるべく配合成分が少ないシンプルなものがおすすめです。ネスノの成分は水、グリセリンと保湿剤が少しと弱酸性にするためのクエン酸。フェノキシエタノールは防腐剤ですが0.1%しか配合しておらず、パラベンより安全だと言われています。それ以外は、ミネラルです。Q2.お手入れの仕方を教えてください。A2.集中ケアの方法をお教えします。まず化粧水を2〜3滴、手に取ります。両手に馴染ませたら、お顔にさらっと伸ばします。そして、叩かずに、手のひらでやさしく押します。顔全体をやさ〜しく2〜3秒ずつハンドプッシュでなじませていきます。だんだん水滴が消えてきましたね?お肌への吸収が早いときは、肌が水分を欲しているサインなんです。お肌が水をはじくような手応えを感じるまで、重ねづけしていきます。今回はここまで、ビューティアドバイザーの入店情報はブログメニューの入店情報でチェックしてくださいね。